つい先日の記事において、「フェイスブックで 中州で結構盛り上がったので、一応会ってみたら犯罪者だと分かった」という女性がいた話を出しましたがフェイスブックで、その後この女性はなんと、その男性と本当に付き合うようになっていったのです。
本人としては、「男性が怪しそうで、断るとどうなるか分からず恐る恐るついていくことにした」ということですが、フェイスブックでさらに詳しく聞いてみると、魅力的な所もたくさんあったのでそのまま関係を続けようと思ったようです。
その彼がどういった罪だったかというと、決して小さくはないナイフで他でもない親を刺してしまったというものだったので中州、もしもの事を考えると危険だと思っても仕方が無いでしょうが、実際に話すと温厚そうな人で、フェイスブックで結構親切にしてくれるところも多く、中州気を許せる相手だと思って、中州付き合いが始まる事になっていったのです。

フェイスブックで 中州の活用術

その後の関係がどうなったかというとフェイスブックで、やはり男性のことが怪しく思えるときがあったのでフェイスブックで、相談するようなことも無く家を出て、付き合いをそのまま終わりにしたと本人は言っていました。
近くにいるというだけでも威圧されているように感じ、男性と暮らしていた家から、追ってこられても困るので隠れるように出ていくことだけ考えていたと話していましたが、中州恐怖を感じるような雰囲気があったというだけの話では済まず、口げんかだったはずなのにフェイスブックで、手を上げて黙らせたり、激しい暴力に訴えるような動作で威嚇する事があるから、催促されるとすぐにお金もだし、お願いされると聞くしかなくなり、平穏に暮らそうとしていたのです。
先日質問できたのは中州、まさに、現役でステマの契約社員をしていない五人の男子!
集まることができたのは中州、メンキャバで働くAさん、普通の大学生Bさん、芸術家のCさん、某芸能プロダクションに所属したいというDさんフェイスブックで、芸人に憧れるEさんの五人です。

フェイスブックで 中州について最初に知るべき5つのリスト

筆者「では最初に、フェイスブックで始めた原因から聞いていきます。Aさんから順にお願いします」
A(メンズクラブ勤務)「俺様はフェイスブックで、女性心理がわかると思い開始しました」
B(男子大学生)「オレは、稼がないと意味がないと考えて躊躇しましたね」
C(アーチスト)「ボクはフェイスブックで、ジャズシンガーをやっているんですけど中州、長年やっているのにちっとも稼げないんですよ。大スターになる為にはでっかいことでなくてもこつこつ下積みするのが一番なんで、フェイスブックで、中州こういう仕事をやって、中州一旦アンダーグラウンドな見聞を広めようと思って」
D(音楽プロダクション所属)「オレは中州、○○って音楽プロダクションに所属してミュージシャンを夢に見てがんばってはいるんですが、フェイスブックで一回のリサイタルで500円ぽっちしか頂けないんで…先輩が教えてくださったサクラのバイトをしょうがなくやってるんです」
E(中堅芸人)「実を言えばフェイスブックで、俺もDさんとまったく似たような感じで、お笑いコントやって一回数百円の貧乏生活してるんです。先輩から紹介を受けて、中州ゲリラマーケティングのバイトを開始しました」
驚いたことに、中州五人中三人ものメンバーがタレント事務所に未所属という素晴らしいメンバーでした…中州、だが話を聞いてみるとどうも、中州五人にはサクラによくある心労があるようでした…。